• イラン北西部でテログループが崩壊

イランイスラム革命防衛隊は、イラン北西部で5人から構成されたテログループが崩壊したことを明らかにしました。

イルナー通信によりますと、イスラム革命防衛隊陸軍司令部は13日月曜、公示を出し、「トルコの武装組織、クルド労働者党PKKと関連のあるテログループ・ペジャクの5人のメンバーはイラン北西部で特定され、メンバー全員が殺害された」としました。

また、死亡したテロリストは、この数週間イラン国境地帯で発生した民兵組織バスイージのメンバー2名の殉教、またイスラム革命防衛隊による同地域の貧困撲滅計画にかかわった技師1名の殉教の実行犯だったとされています。

ペジャクは、13年前、トルコのクルド労働者党PKKによって、地域やイランでテロ活動を行う目的で設立された武装組織です。

2016年06月13日21時30分
コメント