2016年08月25日17時16分
  • イラン革命防衛隊総司令官、「外国の軍事的な脅威は抑制されている」

イランイスラム革命防衛隊のジャアファリ総司令官が、「地域や世界の脅威にも拘わらず、外国の軍事的な脅威は抑制され、イランは力強く治安を確保している」と語りました。

イルナー通信によりますと、ジャアファリ総司令官は、イラン西部ハメダーン州の民兵組織バスィージの上層部を前に演説し、イスラム革命は、覇権主義の排斥と力に屈しない精神をスローガンに、国境を超えて広がっていると強調し、「イランは、覇権主義排斥の旗を掲げている」と語りました。

さらに、イスラム的、革命的な社会のモデル作りは、何年も前から、宗教界、メディア、関連機関に求められている事柄だとし、「宗教社会のモデル作りのための努力は困難な作業であり、国民一人一人の熱意を必要としている」と語りました。

タグ

コメント