• イラン、パキスタンの爆弾テロ事件を非難

イラン外務省のガーセミー報道官が、多くの死者を出した、パキスタン・ペシャワルの爆弾テロ事件を非難しました。

 

パキスタン北西部のハイバル・パフトゥンハー州の州都ペシャワル近郊やマルダン市で2日金曜、爆発が起き、これにより少なくとも15人が死亡、およそ30人が負傷しました。

ガーセミー報道官は、この事件の犠牲者の遺族や、パキスタンの政府や国民に対し遺憾の意を表明し、「過激派やテロの対策は、全体的な協力によってのみ可能である」としました。

さらに、「過激主義の根源や、暴力に関与する者やタクフィール主義者に対抗することなしに、地域や世界が、この問題を終結することはできないだろう」と語りました。

 

タグ

2016年09月04日17時47分
コメント