イランのローハーニー大統領が、カタールのハマド首長との電話会談で、「中東の問題は、地域諸国の協力による政治的な協議のみによって解決されるべきだ」としました。

イルナー通信によりますと、ローハーニー大統領は、12日月曜、ハマド首長と電話会談を行い、特にペルシャ湾岸諸国をはじめとする地域諸国の協力を求め、「イランはこの協力の成立と強化のために、いかなる努力をも惜しまない」と強調しました。

ローハーニー大統領はまた、地域における過激派、暴力、テロの拡大に触れ、「地域諸国の政府は、テロからのイスラム教徒の解放、地域の安定の確立、イスラム世界の団結のために努力する義務がある」と述べました、

一方のハマド首長も、イランとペルシャ湾岸諸国との協議の拡大の必要性を強調し、「イランは地域で特別の地位や役割を持っており、その役割を果たすことはカタールの利益にもなる。両国の関係の拡大は、テロにより苦しい状態にある地域の人々の利益にもつながることに疑いの余地はないだろう」と語りました。

 

2016年09月13日17時26分
コメント