• イラン外務次官がシリアを訪問

イラン外務省のジャーベリーアンサーリー・アラブアフリカ担当次官が、シリアの政府高官と会談を行うため、政冶使節団を率い、シリアを訪問しました。

IRIB通信によりますと、ジャーベリーアンサーリ次官は、19日月曜、シリアのアサド大統領と会談を行う予定です。

同次官はまた、この2日間日程のシリア訪問において、同国のムアレム外務大臣やハミス首相とも会談を行うことになっています。

ジャーベリーアンサーリー次官はさらに、シリアのファイサル・メグダード外務次官とも会談し、イランとシリアによる共同政治協議の新ラウンド、シリアの最新の情勢変化、全面的なテロ対策を促進させる方法、政冶的な話し合いによるシリア危機の解決などについて協議する予定です。

この会談にはおいてまた、シリアの停戦、これに関するテロリストの継続的な妨害行為、アメリカとシオニスト政権イスラエルによる最近のシリア領土への侵犯も議題となっています。

ジャーベリーアンサーリー次官はさらに20日火曜、パレスチナの抵抗グループの指導者たちとも会談し、パレスチナの最新情勢や、シオニスト政権の占領行為と拡張主義に対抗するパレスチナ国民の運動・インティファーダの強化方法についても、意見交換を行う予定です。

2016年09月19日17時51分
コメント