• イランのシーア派最高権威、「イラン国民は平和を追求」

イランのシーア派の最高権威の一人、マカーレムシーラーズィー師が、イラン国民は平和を追い求める人々だとしました。

IRIB通信によりますと、マカーレムシーラーズィー師は、テヘラン南方の聖地ゴムで、キプロスの国際平和村の責任者と会談し、「イランでは、全ての宗教や宗派が対立することなく、平和共存している」と語りました。

マカーレムシーラーズイー師は、戦争の炎を煽ることにより利益を得て、イランを含む平和主義者を非難している人々に対し、「もし、世界で平和が確立し、各国の国民の資産や富が兵器の購入のために費やされなければ、世界各地で更なる発展や繁栄がもたらされるだろう」と述べました。

さらに、「イラン国民は常に、平和を支持しており、今後もそうあり続ける」とし、「イランは、地域での戦争や流血を阻止するために全力を尽くしている」と語りました。

2016年10月20日17時38分
コメント