• イランのスポーツ青年相、「アメリカの選手を歓迎することはイラン国民の高い文化を示す」

イランのソルターニーファル・スポーツ青年大臣が、イラン西部ケルマンシャーでのレスリング・ワルードカップでイラン人がアメリカの選手たちを歓迎したことは、イラン国民の古く高い文化と文明を示すものだとしました。

ソルターニーファル大臣は、ケルマンシャーのレスリングワールドカップの傍ら、アメリカのタイム誌とのインタビューに応じ、「大会の中でのアメリカの選手に対するイラン人の応援は、文化的なイラン国民は、アメリカの政府の敵対政策と国民や選手を見分けていることを証明した」と述べました。

また、イスラム圏諸国の出身者の入国禁止命令をはじめとするアメリカのトランプ大統領の敵対行為を批判し、「こうした決定は、世界各地でのアメリカの信用に疑問を呈している」と語りました。

さらに、もしイランの政府関係者もアメリカの政府高官と同様に考えていたら、アメリカの選手たちはレスリング大会に参加することはできていなかった」としました。

ケルマンシャーでのフリースタイル男子レスリングワールドカップで、イランはアメリカを破り、優勝しました。

タグ

2017年02月20日16時55分
コメント