イランのラーリージャーニー国会議長が、地域の出来事の中でパレスチナ問題に帰ったことが、テヘランでのパレスチナ・インティファーダ支援国際会議の重要な成果のひとつだったと語りました。

ラーリージャーニー議長は、アルジャジーラの新聞のインタビューで、テヘランでのパレスチナインティファーダ国際会議の成功に触れ、「この会議の参加者は、パレスチナ問題とその前にある危険に関する共通のアプローチを手にしたと語りました。

また、「これ以前、一部の人々はパレスチナ問題において妥協を望み、別の人々は抵抗を追求していたが、現在、妥協や和平の道は実を結ばなかったことが明らかになった」と述べました。

パレスチナ・インティファーダ支援国際会議は、最高指導者の表明と共に、世界80カ国の政府高官や要人が出席する中、今月21日、テヘランで開幕しました。

この会議は22日夕方、最終宣言を発表して閉幕しました。

2017年02月24日16時53分
コメント