イラン暦の新しい年、1396年が始まりました。                          

イランの新年ノウルーズの祝祭は、イランの伝統的、精神的価値のある遺産と見なされています。

この古代の祝祭は、さまざまな慣習や平和、希望、幸福を世界中の多くの人に伝えるものです。年の変わり目に、家族は精神的な雰囲気の中、祈祷を行い、その後コーランの節を読みます。

イラン人の一部家族は、宗教的な信条に従い、巡礼地などの聖地で、精神的な雰囲気の中、年の変わり目を迎えます。このため、毎年、巡礼地であるマシュハドのイマームレザー聖廟やゴムのマアスーメ聖廟、シーラーズのシャーチェラーグ聖廟などは多くの人であふれます。

イランの多くの人々は、春になると、ノウルーズの美しい慣習を行うと共に、各地を旅行し、日常生活の中に変化を生じさせます。

2017年03月20日19時36分
コメント