• ウィーンの国連事務局でノウルーズの祝祭

ウィーン国際機関イラン政府代表部の努力により、イランの春の新年ノウルーズを祝う国際ノウルーズデーの式典が、各国の大使や代表者が列席する中で開催されました。

IRIB通信によりますと、今回の式典には、イランのほかに、ノウルーズを祝うアフガニスタン、アゼルバイジャン、インド、イラク、カザフスタン、キルギス、パキスタン、タジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタン、そしてトルコの各国代表が参加しています。

また、この式典ではイランのナジャフィ国連大使と、ウィーン国際機関イラン政府代表部が、ノウルーズに際しての祝辞を述べるとともに、美と生命、平和と各国の国民の間の友好関係の象徴としてのノウルーズの重要性を強調するとともに、各国の国民がノウルーズの恩恵やインスピレーションを受けて、平和と真理の実現に向け努力するよう希望するとしました。

さらに、国連ウィーン事務局のユリー・フェドトフ事務局長も、この式典で演説し、各国の国民の間における友好関係と平和の拡大におけるノウルーズの歴史的な重要性について触れています。

現在、ノウルーズの祝祭はイランをはじめとする12カ国で正式に承認されています。

タグ

2017年03月25日19時08分
コメント