• 最高指導者、「テログループの結成は、アメリカとシオニスト政権の陰謀」

イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師が、「イスラムの名を語ったテロ組織の結成は、アメリカとシオニスト政権イスラエルの陰謀だ」と語っています。

ハーメネイー師は、25日火曜、イスラムの預言者ムハンマドの召命日に際し、イランの体制責任者やイスラム諸国の大使らを前に演説し、「アメリカとシオニストはイスラム体制に反対している。なぜなら、イランにおけるイスラムは、彼らの欲や執着を阻止したからだ」と強調しました。

ハーメネイー師は、「あるイスラム国家には同調し、他のイスラム国家には敵対するアメリカの目的は、イスラム世界の統一を防ぐことにある」と語りました。

さらに、人類社会の開花と成長におけるイスラムの類まれなる能力、物質と精神を伴った文明を形成する能力、圧制や侵略に対抗する上でのイスラムの力を、覇権主義者がイスラムに敵対する主な理由として挙げ、「イスラムを名目にしたテロ組織の結成とイスラム諸国の分裂が、アメリカとシオニスト政権の陰謀のひとつだ」と述べました。

また、「強奪者は、地域の一部の国と手を組み、それを続けるために、イランやシーア派を彼らの敵であるように見せようとしているが、理不尽な国々に対する抵抗と連帯が、イスラム世界の発展の道であることを誰もが理解すべきだ」としました。

ハーメネイー師はさらに、アメリカの過去と現在の関係者のすべてが、イラン国民に対し、脅迫的な共通の政策を取ってきたのは、この国のすべての政治グループの関係者の悪しき目的を示しているとし、「アメリカは、いつの時代にも、イランにダメージを与えるためにあらゆることを行ってきたが、イラン国民に対して侵略を行う者は誰でも、その人自身が損害を蒙ることを知るべきだ」と語りました。

また、イラン大統領選挙の候補者に対し、国家の発展、経済の繁栄、問題の解決のために、イラン国外に目を向けることがないことを国民に約束するよう求めました。

最高指導者の演説の前に、ローハーニー大統領が、「イスラム世界は、暴力、テロ、タクフィール主義、情勢不安に見舞われている。今日、イスラムの預言者の召命から学び、地域諸国やイスラム諸国は、情勢不安やさまざまな困難から解放されるべきだ」と語りました。

2017年04月25日19時47分
コメント