2017年06月07日18時51分
  • イラン大統領、「選挙への国民の大々的な参加が、敵の工作を打ち砕いた」

イランのローハーニー大統領が、先月19日の大統領選挙に国民が大々的に参加したことに触れ、社会における団結の強化と、崇高な目的の実現に向けた集団の努力を求めました。

ローハーニー大統領は6日火曜、国会議長や議員らとの断食後の夕食会の席において、「先月の大統領選挙への国民の大々的な参加は、イランに更なる圧力をかけようとしていた敵の努力を失敗に終わらせた」と語っています。

また、「アメリカのトランプ大統領は地域を訪問した際、イラン国民への圧力行使を目的に一部の国の首脳たちを集めたが、歴史的な出来事の中で、イラン国民が投票に参加し、イランに悪意を抱く者に見事に回答して見せた」と述べました。

さらに、「イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師は洞察力をもって、先の大統領選挙を組織し、指導した。そして、国民も大々的にこの選挙に参加し、これにより、イランにとって世界レベルで安全と平穏がもたらされた」としています。

イランのラーリージャーニー国会議長も、「幸いにも、イラン大統領選挙は、人々の大々的な参加により実施され、第12期政権も成立しつつある」と語りました。

タグ

コメント