イラン軍のジャザーエリー統合参謀本部司令官が、「テロ組織ISISはアメリカやサウジアラビアと関係があり、この2つの国の支援と指導、監督により、テロが行われている」と語りました。

ジャザーエリー司令官は、今月7日のテヘランのテロに触れ、「証言により、このテロはISISによって行われた」と強調しました。

7日のテロ攻撃で、ISISに属するテロリストがテヘランの中心部の議会関係の建物と、南部のイマームホメイニー廟でテロを起こし、これにより17名が殉教、52名が負傷しました。

ジャザーエリー司令官は今日、アメリカ、サウジアラビアや一部の反動的な地域諸国によって支援された国家テロの破壊的な影響は、イラク、シリア、アフガニスタン、イエメン、一部のヨーロッパ諸国などそのほかの国で見られているとしました。

2017年06月14日14時21分
コメント