• イランの若手空手選手、アジア選手権でメダルを大量獲得

カザフスタン・アスタナで開催中の空手のアジアジュニア&カデット選手権で、イランの空手選手が合計18個のメダルを獲得し、大会初日にメダル獲得数で首位に立ちました。

空手のアジア選手権は、27カ国の660人の選手が参加し、13日木曜から開幕しました。

この大会のジュニアの部では、イランの選手が金メダル5個、銀メダル3個、銅メダル2個を獲得しています。

これ以前にも、カデットの部でも、イランの選手は金メダル3個、銀メダル1個、銅メダル4個を獲得していました。

この大会の初日終了後、イランの代表団は合計で、金メダル8個、銀メダル4個、銅メダル6個を獲得しました。

一方、日本は金メダル6個、銀メダル4個、銅メダル6個で2位、カザフスタンは金メダル6個、銀メダル2個、銅メダル3個で3位となっています。

2017年07月14日14時37分
コメント