• マリヤム・ミールザーハーニー氏
    マリヤム・ミールザーハーニー氏

イラン人数学者で、数学界のノーベル賞とも言われるフィールズ賞を受賞した、マリヤム・ミールザーハーニー氏が亡くなったことを受け、イランのローハーニー大統領が哀悼のメッセージを発表しました。

マルヤム・ミールザーハーニー氏は、がんのためアメリカの病院で治療を受けていましたが、15日土曜に亡くなりました。40歳でした。

ローハーニー大統領は、哀悼のメッセージの中で、「この数学者の功績はイランの名を世界の学術界に響かせ、さまざまな国際分野で頂点を極めようとするイランの若者や女性の努力における転換点となった」としました。

Image Caption

 

イランのザリーフ外務大臣、サーレヒー原子力庁長官、ファルハーディ科学技術大臣、テヘラン駐在のルイス国連代表も、この優れた数学者の逝去に哀悼の意を示しました。

ミールザーハーニー氏は、1977年5月3日、テヘランで生まれ、イランのシャリーフ工科大学の数学科で学びました。その後、アメリカのハーバード大学に留学し、1999年にプリンストン大学で研究・教育活動に従事していた際に、ある数学の問題の解決法を編み出しました。

また、2014年には、数学界のノーベル賞とも言われるフィールズ賞を受賞し、女性として、またイラン人として、この賞の初の受賞者となりました。

 

2017年07月16日16時41分
コメント