• イラン外務省報道官、「地域は、特定の国に対する連合結成を必要としない」

イラン外務省のガーセミー報道官が、「地域は、特定の国に対する連合結成を必要としない」としました。

ガーセミー報道官【は16日日曜】、タスニーム通信のインタビューで、「イランは、独立を維持し、発展に必要な土台を築き、自国の地位を高めながら、平和や安全、安定を促す上で地域に対する肯定的な見解を持っている」と語りました。

また、「イランとトルコあるいはアゼルバイジャン共和国との良好な関係は、ある国に対するものではなく、見解の相違や誤解は、行動の変化により解消されるだろう」としました。

ガーセミー報道官はさらに、シリア北部におけるトルコの軍事作戦について、「イラン、ロシアそしてトルコは、共通の利益や地域全体の利益に沿って協議を行っており、共同の措置を取っている」と述べました。

2017年07月17日17時12分
コメント