イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師が、5月19日の選挙における国民の票を認証し、ローハーニー師を大統領に任命しました。

イランの憲法により、国民による選挙後の大統領任命状の署名は、最高指導者の義務であり、権限であるとされています。

ローハーニー大統領の就任式は、最高指導者をはじめ、国会議長と司法府長官、専門家会議儀議長、その他、軍や国の関係者、大学や宗教界の関係者、各国の大使や代表が出席する中、3日木曜朝、テヘランで開催されました。

最高指導者事務所のインターネットサイトによりますと、ハーメネイー師はこの中で、盛大な選挙と高い得票率は、体制の共和制の強化のしるしだとし、抵抗経済計画の実施を強調しました。

また、イラン大統領に対し、公正の確立、弱者への支援、純粋なイスラムの戒律の実施、国民としての誇りと統一の強化、国家の大きな可能性への注目、イスラム革命の価値観と基盤の尊重に向けて努力するよう勧告しました。

イラン大統領選挙法により、大統領の任期は4年とされ、その任期は、最高指導者によって信任状が認証された日から始まります。

ローハーニー大統領は、今年5月19日に実施された大統領選挙で、2300万を超える票を獲得し、再選されました。

2017年08月03日17時22分
コメント