• イラン国会

イラン国会が、アメリカの地域におけるテロや挑発行為への対抗に関する法案の全内容を承認しました。

イラン国会・国家安全保障外交政策委員会のナガヴィーホセイニー報道官は、「アメリカの地域におけるテロや挑発行為への対抗に関する法案では、核合意の枠組みが維持されており、この法案の内容は核合意に違反していない」と語りました。

イランの核合意実施監視団の責任者を務めるアラーグチー外務次官も、「この法案は、アメリカ議会の法案に対抗するために、核合意実施監視団が決定した措置の一部になっている」と語りました。

アラーグチー次官は、「イランがアメリカに対抗する手段は核合意に限られず、多くの可能性を有している」と語りました。

また、「イラン外務省は、アメリカに対抗する国会の法案に同意し、それを支持する」と強調しました。

アメリカの地域におけるテロや挑発行為への対抗に関する法案は、アメリカによるテロ支援、人権侵害、アメリカの経済制裁への対抗措置、イラン人の保護など、9つの部分から成っています。

アメリカ上院は、6月15日、イランに対する敵対政策を続ける中で、包括的な対イラン制裁案を可決しました。

2017年08月13日17時11分
コメント