• 男子バレーボール世界選手権アジア最終予選
    男子バレーボール世界選手権アジア最終予選

男子バレーボール世界選手権アジア最終予選の2回戦で、イランが3対0で中国を破りました。

IRIB通信によりますと、イラン北西部アルデビールで開催されている男子バレーボール世界選手権アジア最終予選の2回戦が12日土曜夕方行われ、イランがセットカウント3対0で(25対21,29対21、25対20)中国に勝利しました。

イランは今大会の初戦で、韓国を下しました。

男子バレーボール世界選手権アジア最終予選

 

また、13日日曜は、イランは3回戦でカザフスタンと、中国は韓国と対戦する予定です。

2018年男子バレーボール世界選手権アジア最終予選は 、イラン、韓国、中国、カタール、カザフスタンが出場し、10日木曜から14日月曜まで、イラン北西部アルデビールで開催されています。

今大会の上位2チームは、来年の9月にイタリアとブルガリアで開催予定の世界選手権への出場権を獲得します。

なお、今大会の2枠は、日本、オーストラリア、チャイニーズタイペイ、ニュージーランド、タイの5カ国が参加し、オーストラリアで開催されています。

2017年08月13日18時17分
コメント