• イラン外相、「トランプ大統領の演説に対応する価値はない」」

イランのザリーフ外務大臣が、国連総会でのアメリカのトランプ大統領の発言に反応し、「トランプ大統領の発言は非論理的で中身がなく、対応する価値はない」と語りました。

トランプ大統領は国連総会での演説において、今回も核合意における他の国の立場に反する発言を行い、核合意は危険でアメリカにとって恥だとしました。

また、地域におけるテロとの戦いの拠点であるイランを、テロ支援国家として非難しました。

ザリーフ大臣は、「内外の政策やテロ対策におけるイランの現実を無視していることは、トランプ大統領が無知であり、彼の言動は人々を欺くものだということを示した」と述べています。

また、「アメリカ政府によるシオニスト政権イスラエルや地域の専制政権の支持、そしてテロ組織の結成や強化とともに、トランプ大統領のこうした発言は、国際社会におけるアメリカの信用をますます失墜させるだけだ」と語りました。

2017年09月20日16時07分
コメント