• イラン・アサルーイェのターミナルからコンデンセート2億バレル以上が輸出

イラン石油ターミナル会社のムーサヴィー社長が、「昨年、南パールスガス田の2億600万バレルのコンデンセートが、南部ブーシェフル州のアサルーイェのターミナルから輸出された」と語りました。

イランのエネルギーメディアのシャナ通信によりますと、ムーサヴィー社長は19日火曜、昨年、アサルーイェにある南パールスガス田のターミナルから2億600万バレルのコンデンセートが輸出され、前年度に比べて48%増加しているとしました。

また、昨年、1247隻のタンカーがこのターミナルを利用しており、この数も前年度に比べて23%増加しているとしました。

さらに、イラン南部・ハールク島の石油プラットフォームも新型化され、これにより、イランの原油輸出能力は拡大しているとしました。

2017年09月20日18時30分
コメント