• バーゲリー統合参謀本部議長が、シリアのアサド大統領
    バーゲリー統合参謀本部議長が、シリアのアサド大統領

イランのバーゲリー統合参謀本部議長が、シリアのアサド大統領と会談しました。

イルナー通信によりますと、バーゲリー統合参謀本部議長は、19日木曜、アサド大統領とシリアのダマスカスで会談し、最近のシリアの軍と民兵組織の勝利に関して祝辞を述べました。

バーゲリー議長は、「テロがすみやかにシリアから根絶されるよう望んでいる」としました。

また、イランはシリアの国民と政府を支持し続けると強調しました。

アサド大統領もこの会談で、テロとの戦いにおける、イランの政府と国民の、シリアに対する全面的な支援に感謝しました。

バーゲリー議長

バーゲリー議長は、17日火曜、軍事使節団を率いて、ダマスカス入りしました。

また、アサド大統領と会談する前に、シリアのフレイジ国防大臣、アイユーブ参謀総長と会談していました。

イランとシリアの防衛協力の拡大、テロとの戦いにおける協力の継続、地域安定の方法の検討などが、バーゲリー議長のダマスカス訪問の目的とされています。

シリア危機は2011年から、サウジアラビア、アメリカ、これらの国の同盟国の支援を受けたテロリストの大規模な攻撃により始まりました。

シリア軍は、抵抗勢力の支援を受けて、この数ヶ月、テロリストに大きなダメージを与えています。

2017年10月19日18時28分
コメント