2019年07月23日04時30分
  • ゴナーバード・カナート
    ゴナーバード・カナート

イラン北東部ホラーサーンラザヴィー州ゴナーバード行政区にあるガサベ・カナート(もしくはカリーズ・カイホスロー)は、イランに存在する地下水路・カナートの中で最も古い部類に属します。

このカナートの歴史は、アケメネス朝時代に遡ります。

ゴナーバード行政区のカナートは、井戸とカナートが組み合わされた極めて精巧な構造となっており、垂直、かつ水平に出来ており、世界の水利設備の傑作とされています。

このカナートは全長3万3113メートル、井戸の数は470個以上で、母井戸(元井戸)の深さは地下280メートルから300メートルにも及びます。

また、世界で最も水量の多いカナートとされ、出水量は1秒間に150リットルです。

 ゴナーバード行政区のガサベ・カナートは、手作業により掘削された驚異的なカナートであり、その奥深く彫られたトンネルの存在により、人類文明史の神秘とされています。
 
ゴナーバードのガサベ・カナート
ゴナーバード・カナート
ゴナーバード・カナート
ガサベ・カナートの入り口

このカナートについてより理解を深めていただくため、是非、映像をご覧ください。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント