• ローハーニー大統領
    ローハーニー大統領

イランのローハーニー大統領が、ロシアのソチで開催された、イラン、ロシア、トルコの3者首脳会談で、シリア危機の解決に向けた3つの基本的な方法を提案しました。

ローハーニー大統領は、22日水曜夕方、「テロとの戦いはまだ終わっておらず、ISISに対する最近の勝利により、シリアや地域のテロリストの危険が続いていることへの警戒を怠ってはならない」と語りました。

また、「第一の方法では、テロとの戦いが、テロ組織の完全な敗北まで続けられるよう、シリアの人々を支援すべきであり、この戦いの中では、シリアの主権の尊重が損われてはならない」としました。

ローハーニー大統領(左)、プーチン大統領(中)、エルドアン大統領(右)

また、第二の方法を説明する中で、「シリアの合法政府の同意を得ずに、シリアでの外国軍の駐留を正当化できる理由は存在しない」と語りました。

さらに、第三の方法を説明する中で、「シリアの将来における国際社会の役割は、この国の安定、人々の苦痛の緩和、復興のための人々への支援に集中すべきであり、干渉したり、自分たちの見解をシリアの人々に押し付けたりすべきではない」と述べました。

2017年11月23日21時42分
コメント