• イラン第一副大統領、「イランはガス輸出国フォーラムで重要な役割を担っている」

イランのジャハーンギーリー第一副大統領が、「イランは、世界のエネルギー・バスケットやガスの輸出拡大に向けた政策の決定において重要な役割を担っている」と語りました。

IRIB通信によりますと、ジャハーンギーリー第一副大統領は、23日木曜夜、ボリビア・サンタクルスの国際空港で記者団に対し、「イランは世界最大のガス埋蔵国のひとつであり、ガス輸出国フォーラムの重要な一員だ」と語りました。

また、ガスの供給、価格、安全の重要性を強調し、「何年か前、テヘランで、ガスの生産国と輸出国が、このエネルギーの将来について予想し、ガス輸出国フォーラムの創設を決定した。それから数年がたった現在、この組織は、エネルギーに関する決定において中心的な役割を果たす組織になっている」と述べました。

さらに、「天然ガスは、化石燃料の中でも最もクリーンで重要なエネルギーあり、その役割は、今後、拡大するだろう」としました。

ジャハーンギーリー第一副大統領は、中南米諸国はイランの外交政策の優先にあるとし、「ガス輸出国フォーラムの会合の傍らで、ボリビアや一部の国の関係者と会談を行う予定だ」と述べました。

ジャハーンギーリー第一副大統領は、ガス輸出国フォーラムの会合に出席するため、ボリビアを訪問しています。

2017年11月24日18時32分
コメント