• イラン軍がデイ月9日の英雄伝の日に際して声明を発する

イラン軍が、2009年12月30日のデイ月9日の英雄伝の日に際して、声明を発し、デイ月9日の英雄伝はイランのイスラム教徒の人々の洞察力と意識の極地だと強調しました。

イラン暦1388年デイ月9日にあたる2009年12月30日、イランの数百万人の人々が、大統領選挙を口実にした扇動者に対する断固とした回答を示す中で行進を行いました。

IRIB通信によりますと、イラン軍は声明の中で、デイ月9日の英雄伝は、明らかに、最も影響力あり、最も長くのこる、革命以後の最大の運動であり、この中で、イラン国民は完全な賢明さを持ち、国内外の敵や扇動者に対する嫌悪を示したとしました。

声明ではまた、「この年の騒動は、シオニスト政権イスラエルとアメリカを筆頭とした、イスラム体制の敵による明白な敵意の表れだった。イランの洞察力ある革命的なイスラム教徒は、この中で革命の崇高な理想を守る中で疑念にとらわれず、敵が目的を果たす上で失敗させた」とされています。

 

2017年12月29日19時33分
コメント