• イランの暴動
    イランの暴動

アメリカ、シオニスト政権イスラエル、そしてヨーロッパ諸国がイランにおける暴徒らを支持しています。

この数日間、イランの一部の都市で多数の人々が集会の開催やスローガンの唱和により、破綻した金融機関に預貯金があった人々への処遇がはっきりしていないこと、一部の商品の値上げや政府の監視の不徹底などに抗議しました。

抗議者の一部はこれに便乗し、こうした抗議行動を騒乱にまで発展させています。

テヘラン大学の前の集会

 

アメリカの政府関係者や外国のメディアは、イランでのこうした抗議行動を悪用し、これを混乱や暴動に導こうとしました。

トランプ大統領やペンス大統領補佐官を初めとするアメリカの政府責任者は、依然としてイラン国内の暴徒らに対する支持を続けています。

ネタニヤフ首相

 

シオニスト政権イスラエルのネタニヤフ首相も、ビデオメッセージの中で、イランでの暴動を支持しました。

キャサリン・レイEU外務・安全保障政策上級代表報道官は、今回のイランでの騒乱に反応し、内政干渉的な立場を表明するとともに、「イランにおける表現の自由や平和的な抗議の権利が維持されるよう希望する」としました。

キャサリン・レイEU外務・安全保障政策上級代表報道官

 

ドイツのガブリエル外務大臣も1日月曜、内政干渉的な声明を発表し、暴徒たちの挑発行為に注目することなく、イラン政府に対し、人々に平和的な抗議集会の実施の権利を行使させるよう求めています。

イギリスのジョンソン外務大臣も暴徒側を支持し、彼らの一般人を標的とした暴力行為には注目せず、イランで国際人権法が遵守されるよう希望するとしました。

テヘラン大学の前の集会

 

しかし、ロシア外務省は1日、これらの騒乱後のアメリカとその一部の同盟国及び、シオニスト政権イスラエルの立場表明に反応し、外国によるイランへの内政干渉は許されないとしています。

ロシアのコサチェフ連邦院国際問題委員長は、「イランでの最近の騒乱に、アメリカが勢力を及ぼしていることが見て取れる」と語りました。

シャムハーニー書記

 

イラン国家安全保障最高評議会のシャムハーニー書記も、レバノンのアルマヤーディンテレビのインタビューで、「イランでの最近の騒乱に関するメッセージやハッシュタグは、アメリカ、これに同盟するイギリス、サウジアラビアなどの国により誘導されている」と述べています。

イランで混乱や暴動を起こさせるためにアメリカやその同盟国がとった行動の1つは、都市でのこれらの騒乱や破壊行為を起こすべく、暴徒たちを誘導したことです。

これ以前にも、2009年の騒乱で、アメリカとイギリス、そしてこれらの国に従属する勢力が第10期イラン大統領選挙後の騒乱であらゆる手段を利用し、イランの現政権に打撃を与えようとしましたが、イラン国民の賢明さにより、これは失敗に終わっています。

2018年01月02日20時26分
コメント