• イランのザリーフ外務大臣
    イランのザリーフ外務大臣

イランのザリーフ外務大臣が、イランでの最近の暴動への反応として、ツイッター上で、「イランの安全と治安は国民によるものだ」としました。

ザリーフ大臣は、イラン国民はアメリカのトランプ大統領の地域の同盟国とは異なり、票を投じ、抗議する権利を持っているとし、「多大な努力により得られたこの権利は、維持され、勢力を及ぼそうとする者たちが、暴力や破壊行為によりこの権利を崩すことを許さない」と語りました。

先月28日から、イランの複数の都市で人々がスローガンを叫び、破綻した金融機関の預金者への処遇がはっきりしていないこと、一部の商品の値上げ、政府の監視不行き届きなどに抗議し、デモ集会を行いました。

アメリカ、シオニスト政権イスラエルの政府関係者、外国のメディアは、イラン国民によるこうした抗議行動を利用し、これを騒乱や混乱に導こうとしています。

ヴェラーヤティー最高指導者顧問

 

イランのヴェラーヤティー最高指導者顧問も、この3年間、イランは抵抗の旗手としてアメリカを失敗させ、シオニスト政権イスラエルを困惑に陥らせた」としました。

 

タグ

2018年01月03日19時15分
コメント