2018年01月11日20時40分
  • イランのタンカーによる事故
    イランのタンカーによる事故

中国の交通運輸省が、同国の当方沖では香港船籍の貨物船とイランのタンカーの衝突によるオイルボールは生じていないとしました。

今月6日、中国東方沖で、イランのタンカーと香港の貨物船が衝突した事故により、イラン人船員30人とバングラデシュ人船員2人の合わせて32人が行方不明となりました。

これまでに、1人の遺体が見つかっており、現在も懸命の救命活動が続けられています。

 

 
イルナー通信によりますと、中国交通運輸省は11日木曜、声明の中で、「今月6日から現在までイランのタンカーが炎上しているが、原油は海上に流出しておらず、オイルボールは生じていない」と表明しています。

今回、事故に巻き込まれたイランのタンカーには、韓国向けに輸出する軽油100万バレルが積載されており、これに引火したことから、事故発生から数日経った現在もまだ消火されていません。

中国交通運輸省はまた、現在900海里にわたる広範囲の海域において、13隻の船舶が行方不明となっているイランタンカーの船員の救命捜索活動に当たっているとしました。

タグ

コメント