• イランイスラム革命防衛隊のジャアファリ総司令官
    イランイスラム革命防衛隊のジャアファリ総司令官

イランイスラム革命防衛隊のジャアファリ総司令官が、「アメリカは、シオニストの要求に沿ってイランに制裁を加えている」と語りました。

メフル通信によりますと、ジャアファリ総司令官は、10日水曜夜、「敵は、経済制裁の行使により、イランにダメージを与えようとしているが、それが成功することはないだろう」と語りました。

また、イランで最近起こった出来事に触れ、「最近の暴動は、アメリカ、シオニスト政権イスラエル、サウジアラビアの大規模な計画によって引き起こされたものだった」としました。

さらに、「アメリカとその同盟国がイランのイスラム体制にダメージを与えようとしているのは、彼らが地域でイラン国民によって立て続けに敗北を喫しているためだ」と語りました。

イランの暴動

 

先月28日から数日間、イランの一部の都市で、人々が集会を開き、スローガンを叫び、破綻した金融機関の預金状況の先行きが不透明であること、物価の高騰、政府の管理能力の弱さに抗議しました。

この集会の一部が、外国の支援を受けた暴徒らによって暴動に発展しました。

イランの人々はこの数日、多くの都市で大規模なデモ行進を実施し、公共の財産の破壊における敵や暴徒の新たな陰謀に嫌悪や怒りを示しました。

タグ

2018年01月11日21時08分
コメント