• イランと中国の貿易総額が20%以上増加
    イランと中国の貿易総額が20%以上増加

テヘラン駐在の龐森中国大使が、2017年のイランと中国の貿易総額は20%以上増加したとしました。

龐大使は18日木曜、テヘランで行われた観光と貿易を中心としたイランと中国の関係拡大の展望に関する国際会議で、「イランと中国の貿易総額は昨年初めからの11ヶ月で、336億6000万ドルに達した。これは昨年の同じ時期と比べて、20.5%の増加だ」と語りました。

龐大使

 

また、「一帯一路」構想におけるイランと中国の協力は、運輸、石油、天然ガス、石油化学、金属工学、建設、インフラの分野で拡大しているとしました。

さらに、イランと中国の人材協力も拡大しているとして、在イラン中国大使館は、昨年、11万2千人のイラン人にビザを発給し、前年と比べても、8.8%増加したとしました。

タグ

2018年01月18日18時06分
コメント