• ハマス政治局長、最高指導者への書簡でイラン国民のパレスチナ支持に感謝

パレスチナ・イスラム抵抗運動ハマスのハニヤ政治局長が、イランのイスラム革命最高指導者ハーメネイー師に宛てた書簡の中で、パレスチナの抵抗に対するイラン国民の支持に感謝しました。

ハニヤ政治局長は、抵抗の砦であるガザ地区を転覆し、シオニスト政権イスラエルへの抵抗運動を終わらせ、覇権主義国と癒着している政治体制との関係を正常化するための、聖地ベイトルモガッダスとパレスチナ人に対する覇権主義国の陰謀の側面に触れました。

また、ベイトルモガッダスとヨルダン川西岸で人々が抵抗運動を開始することにより、パレスチナ問題を終わらせる中で、現代の悪魔の陰謀を失敗に終わらせると強調しました。

さらに、この書簡で、国内で抵抗しながら生活するイランの人々にふれ、「パレスチナの人々は皆、パレスチナと聖地の問題におけるイランの人々の変わりない価値ある立場と、パレスチナ人の抵抗運動への支援を賞賛している」と述べました。

ハニヤ政治局長は、アメリカがベイトルモガッダスをシオニスト政権の首都だと宣言したことは、アラブ諸国とシオニスト政権が地域を支配する上での障害を取り除き、抵抗の武装を解除するための行動だとして、ハーメネイー師に対して、「私はあなたがパレスチナ問題を終わらせる計画に対抗し、イスラム共同体の蜂起の為に語り、陰謀を企てる偽善者が誘導する罠を避けることによって、イスラム体制や敬虔な司令官を導く上で大きな役割を果たしていることを深く信じている」としました。

また、パレスチナとベイトルモガッダスに対する陰謀を失敗させる方法は、ベイトルモガッダスとヨルダン川西岸の抵抗運動だとして、「我々は、現代の悪魔であるトランプ大統領の決定を失敗に終わらせるために、国内外でのこの決定を支援する。神は決してこの陰謀が実現するのを許すことはない」と述べました。

タグ

2018年01月19日18時03分
コメント