• キム・ソンホ韓国大使
    キム・ソンホ韓国大使

韓国企業のサムスンが道徳に反する行動を取ったことを受けて、テヘラン駐在の韓国大使が、イラン外務省に呼び出されました。

ニュースによりますと、国際オリンピック委員会の責任者とサムスンは、国際的な制裁により、ピョンチャン冬季オリンピックに参加するイランの選手を、北朝鮮の選手とともに、サムスンによるスマートフォン配布の対象から除外すると決定しました。

 

ピョンチャン冬季オリンピックに参加するイランの選手

 

イランのガーセミー報道官は、8日木曜、テヘラン駐在のキム・ソンホ韓国大使は、イラン外務省のアジア太平洋担当局長による呼び出しを受けたと伝えました。

ガーセミー報道官はまた、「この中で、道徳とオリンピックの精神に反するこの行動へのイラン外務省の抗議が、韓国大使に伝えられた」としました。

さらに、「サムスンはこの行動に対する謝罪を発表しなければ、このことはサムスンとイランの商業関係に影響を及ぼすだろう」と強調しました。

ガーセミー報道官

 

ガーセミー報道官によりますと、キム大使は、韓国の外務省と政府、サムスンの関係者と繰り返し連絡を取っており、韓国政府やサムスンの関係者の表明によれば、この誤解が生じたことについては関与しないと述べたということです。

タグ

2018年02月08日20時17分
コメント