• 韓国企業のサムスン
    韓国企業のサムスン

イランのスポーツ青少年省が、声明の中で、韓国企業のサムスンによる、ピョンチャン冬季オリンピック出場のイラン選手に対する侮辱行為を非難しました。

ピョンチャン冬季五輪の開催責任者は、出場選手すべてに、無料でサムスンのギャラクシーノート8を配布することを決めていましたが、国際的な制裁により、イランと北朝鮮の選手には配布されないと発表しました。

イランのスポーツ青少年省は、8日木曜、声明を発し、イランはサムスンの不当な行動を、イラン代表選手に対する侮辱行為とみなしているとしました。

また、イランはサムスンの関係者やこの差別行動の原因を作った人物に対して、イラン選手団に対する正式な謝罪を行い、その不当な行動を償うよう求めました。

イランのザリーフ外務大臣は、もしサムスンが8日夕方まで謝罪し、この決定を撤回しなければ、今後サムスンの携帯電話を使うことはないとしました。

イランのアーザリージャフロミー情報通信技術大臣も、8日夕方、「サムスンが今日中に謝罪しなければ、サムスン製の携帯電話の流入を制限する」としました。

イラン外務省も、テヘラン駐在の韓国大使を呼び出し、サムスンの侮辱行為に抗議しました。

イラン外務省のガーセミー報道官は、「サムスンがこのおろかな行動に対する謝罪を発表しなければ、この問題は、サムスンとイランの通商関係に影響を及ぼすことになる」と語りました。

ピョンチャン冬季オリンピックの開会式は、9日金曜に行われています。

イランからは4人の選手がこの冬季オリンピックに参加します。

2018年02月09日17時42分
コメント