• イスラム革命勝利記念日で参加者
    イスラム革命勝利記念日で参加者

イランイスラム革命は、今日、39周年を迎えました。この革命は、世界の大国の支配に抵抗し、真の独立を追求していること、その独立は、団結した国民の意志を支えに手に入れられたことを示しました。

イスラム体制の39年間は、国民としての誇り、独立、活力に溢れ、統一と連帯により、敵の陰謀を失敗させてきました。独立と自由は、イスラム体制を実現するための闘争におけるイラン国民の最大の要求であり、スローガンとなっています。独立は、闘争の時代の中心的な要求として、また、イスラム体制で定義された戦略的な原則として、政治、文化、経済、軍事のさまざまな側面を含んでいます。そして自由は、常に、イスラム社会において合法的な自由と呼ばれる規定を伴っています。これらについて、ベヘシュティ師は次のように語っています。

「国家の独立の本当の意味での維持は、自由と公正の維持による。ある社会や国で、公正と自由が正しく維持されなければ、外国が影響力を及ぼしやすくなり、反対に、国民の自由に意味を与えるのは、その国民の独立である。国民が、たとえば文化的、経済的、政治的に他国に依存していれば、自分たちの自由を失っている状態にある」

イランのイスラム革命とイスラム体制の39年の歴史を見ると、イラン国民が誇りを持って、イラン・イラク戦争や制裁、ソフトな戦争といった陰謀に抵抗してきたことが分かります。

イランの敵は、イスラム革命の勝利後、軍事的、経済的な側面において、イラン国民の革命に対抗するためにあらゆる手段を駆使しようとしました。しかし、このような圧力が、革命の価値を下げることはありません。イラン国民の革命勝利後の歩みは、実際、敵のすべての目算を崩しました。

この目算の誤りにより、彼らはイランへの敵対において、長い道のりを歩むことになりました。しかし、最終的に、こうした敵の圧力や動きは、イラン国民の偉大さと誇りを増すことにつながり、イラン国民の敵でさえ、その事実を認めています。イランのイスラム体制は、あらゆる分野において、国民が栄誉、アイデンティティ、安全、利益を手に入れようとすれば、自身と献身、ゆるぎない姿勢が必要だということを行動で示しました。

クローン技術

 

知識や科学の分野でも、イランは現在、大きな成長を遂げており、それは制裁の時代に達成されています。イランは、科学の成長率の点で最も高い伸びを示し、クローン技術、核技術、放射性医薬品の開発、原子力エネルギーの生産、ナノテクノロジーといった分野で世界的な技術を有しています。

アナリストによれば、現在イランは、これまで以上に安定しており、革命の敵はこれまで、イスラム体制の真実を捻じ曲げようとしてきましたが、現在、永遠に真実を隠すことはできないと認めざるを得なくなっています。そのため、革命記念日は、革命の勝利を思い起こす日であるだけでなく、現在イスラム革命が、成長に向かって前進していること、革命の価値観や理想から、一歩たりとも後退せずに、革命の価値観を守り続けていることが示される日です。

イスラム体制の敵は、この39年間、さまざまな陰謀を企て、イスラム体制を否定し、国民を失望させ、イラン国民の独立を損なおうとしてきました。しかし、これらすべての動きにもかかわらず、イスラム体制と革命の柱にダメージを与えることはできませんでした。

イスラム体制は、覇権主義と覇権の受け入れの否定、覇権主義大国に対する権利の保持を基盤にしています。そのため、イスラム体制は、独立した民主主義体制として、世界の覇権主義者の怒りを買っています。イスラム体制は、イラン国民の意志を支えに、敵の理不尽な要求に抵抗し、独立を達成し、合法的な要求を守ることができる、という事実を、真の独立を求める人々に証明しました。これは、イスラム体制の大きな可能性を示すものであり、独立を求める人々に未来への希望をもたらし、世界の大国の理不尽な要求に抵抗する上で、彼らを力づけるものとなっています。

タグ

2018年02月11日19時22分
コメント