• ファジル映画祭の閉幕
    ファジル映画祭の閉幕

第36回ファジル映画祭が、各部門の入賞者を発表し、閉幕しました。

メフル通信によりますと、今月1日に開幕した今回の映画祭の閉会式は11日日曜夜、テヘラン市内西地区にあるミーラード・タワー内のコンベンション・センターで開催されています。

審査員団の審査の結果、最優秀助演女優賞には、映画「冷や汗」と「イスタンブール交差点」に出演したサハル・ドウラトシャーヒー氏が選ばれました。

また、最優秀助演男優賞には、映画「啄木鳥」に出演したジャムシード・ハーシェムプール氏が選ばれています。

さらに、最優秀女優賞は、映画「啄木鳥」に出演したサーラー・バフラーミー氏に決定しました。

そして、最優秀男優賞は、映画「アブーゴライブ山峡」と「冷や汗」に出演したアミール・ジャディディ氏が受賞しています。

このほかにも、最優秀監督賞には、映画「シャームの現地時間で」の演出にあたったエブラーヒーム・ハータミーキヤー監督と、映画「アブーゴライブ山峡」を演出したバハラーム・タヴァッコリー監督が選ばれました。

映画「シャームの現地時間で」は、シリアでのテロリストの脅威やテロと戦う戦士たちの様子を描いており、最優秀BGM賞と録音技術賞も受賞しています。

 

 

2018年02月12日18時52分
コメント