• イラン軍のムーサヴィー総司令官
    イラン軍のムーサヴィー総司令官

イラン軍のムーサヴィー総司令官が、イランの防衛力が強化され、この道において、いかなる国からも許可を得ることはない、としました。

メフル通信によりますと、ムーサヴィー総司令官は、イランの防衛力やミサイルの能力について協議を行うべきだとするアメリカや一部の西側諸国による提案に触れ、「イラン国民は、抑止的な防衛力の強化の必要性をよく認識しており、全身全霊をかけて、自らのこの正当な権利を守っている」と語りました。

イランはこれまで何度も、自国の防衛力、特にミサイル問題について他国とは一切協議を行わない、と表明しています。

2018年02月13日18時13分
コメント