• ケシャーヴァルズザーデ・アメリカ局長とロドリゲス議長の会談
    ケシャーヴァルズザーデ・アメリカ局長とロドリゲス議長の会談

イラン外務省のケシャーヴァルズザーデ・アメリカ局長が、OPEC・石油輸出機構の枠内でのイランとベネズエラの協議は、原油の国際価格の安定に重要な影響を及ぼしているとしました。

ケシャーヴァルズザーデ局長は、21日水曜、ベネズエラの首都カラカスで、同国憲法議会のロドリゲス議長と会談し、ベネズエラに対する他国のあらゆる干渉を非難し、「ベネズエラの将来を決定するのは同国の人々であり、彼らは次期選挙を成功裏に実施するだろう」と述べました。

ケシャーヴァルズザーデ局長とロドリゲス議長はこの会談において、さらに、両国が戦略的な関係を持ち、反帝国主義戦線にあることに触れ、地域や国際問題、中東や南米諸国の最新情勢、そしてアメリカの干渉行為への対抗などの問題について話し合いを行いました。

2018年02月22日19時00分
コメント