• テヘラン金曜礼拝、「アメリカ、イスラエル、サウジは、イランの発展に苛立っている」

23日に行われたテヘラン金曜礼拝で、モヴァッヘディケルマーニー師が説教を行い、アメリカ、シオニスト政権イスラエル、サウジアラビアは、地域や世界に反イランの風潮を作ろうとしているとし、「アメリカ、シオニスト政権、サウジアラビアは、イランの発展に苛立っている」と語りました。

モヴァッヘディケルマーニー師は、イランの発展に触れ、「イランは、敵の陰謀にもかかわらず、さまざまな分野で発展を続けるだろう」と語りました。

さらに、警官3人、民兵組織バスィージのメンバー2人が殉教した、テヘラン・パースダーラーン通りの犯罪を非難し、司法機関に対し、この犯罪の実行者に対する断固とした対応を求めました。

また、テヘランを離陸し、ヤースージに向かっていた旅客機の墜落事故の犠牲者の遺族に哀悼を示しました。

モヴァッヘディケルマーニー師は、イラン西部ケルマーンシャー州の地震被災者への関係者の対応に感謝し、彼らへの注目を怠らず、その問題を解決するよう強調しました。

 

2018年02月23日19時22分
コメント