• イランイスラム革命防衛隊・航空宇宙部隊のハージーザーデ司令官
    イランイスラム革命防衛隊・航空宇宙部隊のハージーザーデ司令官

イランイスラム革命防衛隊・航空宇宙部隊のハージーザーデ司令官が、イランのミサイル能力が3倍に増加したとし、「アメリカは、自らが保有する核兵器を日々増やしていながら、イランがミサイルを持つべきではないと主張している」と述べました。

ハージーザーデ司令官は7日水曜、テヘランで、「現在、世界を支配する法律は、ジャングルの法律よりも悪いとし、「世界の法律は、アメリカ、イギリス、フランス、そしてシオニスト政権イスラエルといった覇権主義体制によって決められており、彼らは望むときにその法律を変えている」と語りました。

また、フランスでのイラン反体制派テロ組織モナーフェギンの活動について、「多くの犯罪を犯したこのテロ組織は、フランスで自由に活動しているが、もし、イランがフランス国内でテロを行った人物たちに、イランでの活動を許していたら、どうなっていたか。現在の世界は、理不尽な世界だ」としました。

さらに、イスラム革命防衛隊のサラーミー副司令官も、記者団に対し、「イランの防衛力について協議を行うことはできず、この防衛力は停止・抑制されることもない」と述べました。

2018年03月07日19時05分
コメント