• ローハーニー大統領
    ローハーニー大統領

イランの原子力産業のさまざまな部門における83の成果が、イランのローハーニー大統領の立会いの下、公開されました。

これらの成果は、遠心分離機や放射性医薬品など、多岐に渡っています。

またイラン中部・ヤズド州アルダカーンの濃縮ウラン製造工場で製造された最初のウラン精鉱も、イラン大統領の指示により、中部イスファハーン州の施設に移送されました。

核燃料サイクル完成の記念日にあたる9日月曜は、イランの核科学者の努力をたたえ、核技術の日とされています。

9日朝にテヘランで行われたこの日の式典に、ローハーニー大統領や閣僚、国会議員や数カ国の代表が出席しました。

イラン原子力庁のサーレヒー長官は、原子力産業の83の成果を公開する式典で、イランが核合意を遵守していることに触れ、「これまで、IAEA国際原子力機関は10回に渡り、イランの核合意遵守を表明している」と語りました。

サーレヒー長官はまた、「核合意の一部の参加国は、明らかにこの合意の中で強調されている事柄に反して、この責務履行に向けた行動を取らなかったため、不信感の壁は崩れていない」と述べました。

さらに、イランは力強く核合意を守っているが、他の参加国はこの合意に違反しており、イランも外交政策の原則に基づき、必要な決定を下し、自国の利益を守るとしました。

2018年04月09日18時30分
コメント