• イラン外務省のガーセミー報道官
    イラン外務省のガーセミー報道官

イラン外務省のガーセミー報道官が、「アメリカ、フランス、イギリスが、シリア政府が化学兵器を使用したとしてシリアを攻撃したことは、彼らやテロリストに対するシリアの偉大な国民の勝利を示している」と語りました。

ガーセミー報道官は、アルアーラムチャンネルのインタビューで、アメリカによる最近のシリア攻撃の目的を説明し、「この攻撃の根は、シリア国民の非常に大きな勝利からくるものであり、彼らは努力によって、自国の領土の広大な部分をテロリストの占領から解放することができた。そのため、一部の大国は、根拠のない理由でシリアを攻撃し、この勝利をせきとめようとした」と語りました。

また、「抵抗陣営が勝利を収めるたびに、一部の大国は、シリアのパワーバランスを変えるために行動を起こし、エ支持的、軍事的なダメージを与えることで、テロリストが息を吹き返すための時間を稼ごうとする」としました。

さらに、アメリカ、フランスイギリスのシリア攻撃は、独立国に対する明らかな侵略だとし、「この違法な攻撃は、すべての国際条約や国際法に反しており、不当な行動と見なされる」と述べました。

ガーセミー報道官は、アメリカは、イラクやアフガニスタンなどへの違法な攻撃において長い経歴を持っており、現在はシリアに対してそれを行っているとし、「国連安保理と国際社会は、この攻撃によってその機能を失っている。そのため、この行動は阻止される必要がある」と語りました。

アメリカ、イギリス、フランスは、14日土曜、シリア政府が、東グータ地区のドゥーマで化学兵器を使用したと主張し、シリアを攻撃しました。この主張は、いずれの国際機関からも認められていません。

タグ

2018年04月16日19時13分
コメント