• ECO経済協力機構の閣僚会合
    ECO経済協力機構の閣僚会合

第23回ECO経済協力機構の閣僚会合が、イランノザリーフ外務大臣も参加し、タジキスタンの首都ドシャンベで開催されました。

IRIB通信によりますと、今回の会合で採択された事柄の1つは、2018年から2020年までのこの組織の議長国のポストがイランに引き継がれることです。

ECOの加盟国はまた、イランのWTO世界貿易機関への加盟を支持するとともに、これに対する地域外の一部の国による妨害行為を批判しました。

ECOの加盟国はイラン、トルコ、パキスタン、アフガニスタン、トルクメニスタン、キルギス、ウズベキスタン、カザフスタン、タジキスタン、アゼルバイジャン共和国の10カ国です。

タグ

2018年04月17日20時11分
コメント