• イランのローハーニー大統領(中)、アーモリーラーリージャーニー司法府長官(左)とラーリージャーニー国会議長(右)
    イランのローハーニー大統領(中)、アーモリーラーリージャーニー司法府長官(左)とラーリージャーニー国会議長(右)

イランの大統領、司法府長官、国会議長が、三権の長の合同会議で、国民の問題の解決に向けた協力を強調しました。

ローハーニー大統領は、22日日曜、この会議の後、記者団に対し、「今回の会議では、地域の問題や核合意について話し合いが行われ、必要な対応が検討された」と語りました。

また、「三権の長は、投資の安全や誘致、その障害の解消に関して、断固とした決定を下した」としました。

アーモリーラーリージャーニー司法府長官も、会議の後、「経済問題は国民の最大の問題であり、政府、国会、司法府の協力によって解決できる」と述べました。

さらに、「イランは、豊かな天然資源、生き生きとした若者、賢明な国民の存在により、すべての問題を克服することができる」としました。

ラーリージャーニー国会議長は、会議の後、イランの重要な問題に関する三権の長の見解は、非常に近いものだったとし、「合同会議は、国の目標実現を加速するものだ」と述べました。

 

 

タグ

2018年04月23日18時12分
コメント