• 9.11の事件
    9.11の事件

アメリカの裁判所が、欠席裁判の中で、証拠を提示せずに、イランに対し、9.11アメリカ同時多発テロ事件の犠牲者の遺族に60億ドル以上の賠償金の支払いを命じる判決を下しました。

メフル通信によりますと、ニューヨーク南部の裁判所のダニエルズ判事は、1日火曜、イランの政府と革命防衛隊が、9.11での1000人以上の死亡に関与したとしました。

ダニエルズ判事は、2011年から16年の間にも複数の欠席裁判でイラン反する判決を下しています。

9.11にイランが関与したとするダニエルズ判事の主張は、アメリカ議会の調査グループが提示した情報とは完全に異なっています。

9.11のハイジャック犯19人のうち、15人はサウジアラビア、2人はアラブ首長国連邦の出身者でした。

これ以前にも、アメリカの判事は、繰り返し、シオニスト政権イスラエルやサウジアラビアの機嫌を取り、アメリカやその同盟国で凍結されたイランの資産を狙い、今回のような不当な判決を下してきました。

イランは、今回のような判決やイラン中央銀行の資産の違法な差し押さえを理由に、アメリカを国際司法裁判所に提訴しています。

タグ

2018年05月02日19時24分
コメント