• ゼイバクジ経済大臣
    ゼイバクジ経済大臣

トルコのゼイベクジ経済大臣が、イランと6ヶ国による核合意からのアメリカの離脱は、イランとトルコの間の通商関係のための機会だとしました。

IRIB通信によりますと、ゼイバクジ経済大臣は11日金曜、アメリカの核合意離脱について、「これは、トルコにとって一つの機会であり、我々は、核活動に関する国連の決議書を遵守しながら、イランとの取引を継続する方針だ」と語りました。

また、「欧米による対イラン制裁が行使された時代にもイランとの経済関係を継続していた」と述べました。

ゼイバクジ経済大臣はさらに、アメリカによる核合意の離脱は国際法への違反であり、一極主義的な政策だとしました。

 

2018年05月12日20時10分
コメント