• イランのヴェラーヤティー最高指導者国際顧問
    イランのヴェラーヤティー最高指導者国際顧問

イランのヴェラーヤティー最高指導者国際顧問が、イランは、ヨーロッパ側との協議で、核合意が崩れないよう確かな保障がなされるという確固たる立場をとっている、としました。

ヴェラーヤティー顧問は、20日日曜、テヘランで記者会見を行い、「遺憾なことに、アメリカの核合意離脱後、EUの一部の加盟国は、核合意に関して矛盾した表明を行っているが、この行動は、疑いを生み出している。このため、イランの協議団はEUとの協議で必要な保障を得るべきだ」と述べました。

ヴェラーヤティー顧問はまた、イラクの最近の国民議会選挙について、「イラクの今回の選挙は、完全な安全のもとに、実施され、同国の国民と政府は、外国勢力に対し一切の干渉を許さなかった」と語りました。

イラクの国民議会選挙は、今月12日、有権者およそ1100万人が参加して、実施され、投票率はおよそ44%となっています。

2018年05月20日18時03分
コメント