• イラン石油の生産業
    イラン石油の生産業

エネルギー問題のアナリスト、ジョン・ドリスコル氏が、「中国は、アメリカ産石油の代わりにイラン産原油を購入する可能性がある」と語りました。

ロシアのニュースチャンネル・ロシアトゥデイのインターネットサイトによりますと、ドリスコル氏は、「中国は、アメリカ産原油に代わってイラン産原油を輸入することで、アメリカのトランプ大統領を怒らせる可能性がある」と述べています。

また、「中国産の製品に対するアメリカの追加関税への中国の対抗措置の1つが、アメリカ産原油の輸入削減となる可能性がある。中国が、アメリカ産原油の輸入を停止した場合、これはイランと同国の原油輸出にとって有利となると思われる」と語りました。

ドリスコル氏はまた、「中国は、過去にも制裁行使というアメリカの脅迫を恐れておらず、現在も平然としている」と語りました。

ロシアトゥデイはまた、中国が毎月およそ10億ドル分の原油をアメリカから輸入しているが、最近はアメリカの産油量が増えたことから、中国によるアメリカ産原油の輸入量も増加している」と報じました。

中国の政府関係者は今月15日、中国製品に対するアメリカのトランプ政権の関税賦課に対抗し、中国も原油をはじめとするアメリカ製品への関税を引き上げるとしています。

タグ

2018年06月19日21時04分
コメント