• イランの茶の都ラーヒジャーン
    イランの茶の都ラーヒジャーン

今回は、イランの茶の都として名高い、北部ギーラーン州の町ラーヒジャーンをご紹介してまいりましょう。


ラーヒジャーンは、ギーラーン州東部最大の都市とされ、山のふもとにあり、一面の丘陵地帯は茶の潅木が織り成す緑に覆われています。イランの茶の90%以上は、ギーラーン州で栽培されています。

ラーヒジャーンの見所の1つは、その美しい茶畑が生みだす風景であり、この町はギーラーン州の茶の生産のかなりの割合を占めています。

今から100年以上前のガージャール朝の時代に、この王朝の王子の1人が初めて、インドから茶の苗木をイランに持ち込み、この地域に植えたとされています。

それまで、イランの人々は嗜好飲料としてはコーヒーを消費していました。

タグ

2018年07月02日16時07分
コメント