• ファガーニー氏(中)、アリーレザー・ソハンダーン氏(右)とモハンマドレザー・マンスーリー氏(左)
    ファガーニー氏(中)、アリーレザー・ソハンダーン氏(右)とモハンマドレザー・マンスーリー氏(左)

サッカーのワールドカップ・ロシア大会で、イランの審判団が3位決定戦の審判をつとめます。

イルナー通信によりますと、FIFA国際サッカー連盟の審判委員会は12日木曜、イランのアリーレザー・ファガーニー氏が、イギリスとベルギーによるワールドカップ・ロシアの3位決定戦で主審をつとめると発表しました。

また、アリーレザー・ソハンダーン氏と、モハンマドレザー・マンスーリー氏がファガーニー氏をサポートする予定です。

この対戦は、14日土曜に行われる予定です。

イランの審判団は、これまでもこの大会で、ドイツ対メキシコ、ブラジル対セルビア、フランス対アルゼンチンの審判をつとめてきました。

また、15日日曜に行われるクロアチア対フランスの決勝戦の主審は、アルゼンチンのピタナ氏がつとめる予定です。

2018年07月13日16時36分
コメント